浮気しているかもと疑ったら浮気調査を依頼しよう

浮気調査で証拠を集める

浮気

夫婦関係にある男女いずれか一人に依頼を受けて調査に乗り出す。それが、探偵が浮気というものに関する調査を行うときの発端である。そういう場合が多い。現代の探偵物語は、そのようにして書き始められるのである。彼らは調査サービスを提供する業者として、調査を行う。その目的は、協議の場や法廷で有利に働くデータを集め、証拠を固めることである。彼らのまとめ上げた「証拠」が、離婚の原因がいずれにあるか、それを明らかにする。調査は、もちろん秘密裏に進められることになる。依頼者は浮気をしているようである配偶者に見つからないよう、探偵事務所を訪れて依頼する。探偵たちは、調査対象者となった浮気者に対して、気づかれないようにさまざまな調査を行う。探偵が行なう仕事のメインは尾行であり、盗撮である。他にも録画や録音などを実施するのも探偵の仕事の一つであり、彼らはその仕事を法律的に認められている。彼らが尾行して盗撮や盗聴、録画と録音を行うのは、録画によって得られる映像と得られる音声とが、客観的な事実としての「浮気=不貞行為」というものを立証することが出来るからである。法律的には、不貞行為は婚姻外における肉体関係が認められるとき、事実だとされる。浮気についての調査サービスとは、最終的には録画と録音であるということに集約されるのである。こうした作業を地道に続けていくことで得られた映像や音声を利用すれば、浮気を行なっていたという事実を相手につきつける事が可能になる。