浮気しているかもと疑ったら浮気調査を依頼しよう

依頼に必要な費用

探偵の仕事は、某有名アニメのような殺人事件解決への推理をするというわけではありません。本来の探偵業務は、特定人物への素行調査や浮気、不倫の証拠集め、行方不明者の居場所特定などを行っています。

探偵の主な業務である調査

探偵の主な仕事は浮気調査などが主流であり、小説やドラマなどの事件推理を行なうことはほとんどない。また、探偵は調査をより有利に行なうために他人を尾行したり、盗撮するための権利が特別に許可されている。

探偵を利用する方の増加

男の人

調査サービスを行う業者のことを、探偵と呼んだり興信所と呼んだりする。主に浮気調査が多い。現在では、この二つの業者は似たような意味合いで使われるが、昔は厳然たる違いがあった。探偵は刑事では解決できない事件を民事的に解決するためのあれこれの業務の全般を引き受けた業者で、特権的な権利を用いて尾行や盗聴、盗撮を行って調査した。興信所は、会社信用や個人の信用を調査するため、「興信所である」ということを名乗った上で関係機関に問い合わせたり調査している企業を訪れて直接的な調査を行った。「調査を行う」という点で両者の目的は一致しており、現在では、探偵事務所や興信所などと呼ばれる業者がいて、さまざまな個人や企業、その他の団体からの依頼を受け付けている。彼らは自分たちの身分を名乗りながら、あるいは隠しながら、臨機応変に望むデータを集め、ひとつの答えを導き出す。浮気調査をする場合には、手を変え品を変え調べ上げ、その証拠を突き止めるのである。

もしも浮気を見つけたら。そのときは、どうすべきか?何をするにしても、重要なのは証拠を固めることである。現代の司法制度では、「証拠」こそが物を言う。それも、出来れば状況証拠ではない物的証拠こそが、スムーズに事を明らかにし、決定すべきことを後押しする働きをする。浮気を見つけたときに浮気調査を行うのも、最終的には「証拠」を手に入れることが肝心である、ということになる。例えば、浮気されて修復不可能になってしまった夫婦関係というものがあったとして、話は当然「離婚」というところに向かう。ここで、その原因となった浮気をはたらいた妻や夫が責任を取るのも当然のことである。慰謝料の支払いは基本として、その他にも社会的な制裁も覚悟すべきであろう。離婚は協議によって決まるか、法廷で決まるかという二択である、と言っていい。浮気がもとになった離婚もそうであると言える。協議離婚の場で、一方が浮気を認めて慰謝料の支払いなどに同意すれば良し。しかし、開き直って認めないというケースもある。このときに物を言うのが、文字通り物的な証拠なのである。かねてから業者の浮気調査で集めてきた証拠を開陳し、言い逃れが不可能なところに追い詰める。これによって、相手の責任での離婚というのが協議や裁判で決定していくのである。

浮気調査で証拠を集める

探偵の浮気調査は秘密裏に進められる事が多く、盗撮や尾行といった仕事を行なうことで浮気の証拠を集めていく。また、調査を行なうことで得た物的証拠を利用すれば、相手が浮気を否定していても浮気を立証することが可能だ。